SWISSVAX《スイスバックス》 メールマガジン

『プロ』も間違えるワックスが通常の耐久力を発揮しない4つの原因(4)

こんにちは、SWISSVAXの松本です。
当メルマガでは、SWISSVAXによるカーケアをメインテーマにお送りしていきます。

——————–

——————–

前回までは、SWISSVAX《ワックス》が通常の耐久力を発揮しない
4つの原因の中のなかで、

1.下地処理に《クリーナーフルード》を使っていない
 https://www.swissvax.jp/sv/archives/233/

2.カーシャンプーに《カーバス》を使っていない
 https://www.swissvax.jp/sv/archives/243/

の基本を押さえるとともに、

3.何かのコーティングの上に使っている
 https://www.swissvax.jp/sv/archives/264/

についてお話ししました。

今回は、このテーマの最後となる
「4.他の製品を挟んだりして独自ルールを楽しんでいる」についてのお話です。

察しの良い方はもうお気づきかと思いますが、
1.~3.とお話してきた内容は、今回のお話を細部分けしたようなもので、
実はもう語りつくしているとも言えます。

例え作業手順だけ同じにしても、違う製品を使用していれば
表面に残る効果からして大きくかけ離れてきますから、
SWISSVAXが用意している見本通りの快適なカーケア
にはなりませんよね、という事です。

SWISSVAXは、単品での効果・効用もすごく、そこに目を奪われがちですが、
SWISSVAX製品の重ね合わせで現れてくるレイヤー効果がその醍醐味ですから、
別の製品を差し込んでレイヤーを壊してしまった場合、
まだ見ぬもう一つ上の「最高の結果」にたどり着かなくなってしまいます。

SWISSVAXの正規施工代理店が、作業を始めると他の製品を差し込まないのも
そういった理由からです。

■そもそもSWISSVAXのいう「最高の結果」って?

SWISSVAXは世界的に最高クラスのカーケア用品である、
という事は、なんとなく知っている方も多いと思います。

・自然環境にものすごく配慮された成分

というのも品質にあたってすごく大きいポイントの一つなのですが、
日本ではヨーロッパよりもその点が加算ポイントになる事が
少ないように感じられます。

ご興味のありそうなところでポイントをざっくり言うと

・無類の美しさ
・車を傷めない(場合によっては極力削らない等)
・効果がすごく高い
・長期耐久力
・材質の劣化を抑制するアンチエイジング
・失敗が無い(素人でもリカバリー可能)
 (必要であれば)いつでもすぐにリセット可能。
・最高の美しさ、車両全体を統一された美観でデザインするシステム体系
・上記を満たした上での最短のカーケア

と、もっと後から出てくるでしょうが、こんなところでしょうか。
これらのポイントをすべて満たすように最適化されているものがSWISSVAXです。

例えば、上記の場合の「最短」は、これらすべてを満たした上での最短ですし、
車を変質・劣化をさせない中で、最高の長期耐久力を誇ります。
この中のいずれも犠牲としないベストバランスがSWISSVAXの「最高の結果」です。

一方で、お客様の求める「最高の結果」が上記と異なる場合には、
お客様にとっての「最高の結果」になりえない場合もあると思います。

例えばですが、

・4年ほどの間車の美観がそこそこ保てれば良い、
・どうせすぐ買い替えるから、車が我慢できる程度には痛んで構わない
・とにかく刺激的で目新しいものが欲しい
・塗装なんて全面塗り替えたらしまいだから、納車時にきれいであればそれでよい
・リーズナブルに、出来るだけなにもせずに出来る範囲の綺麗で問題ない
・いろいろ使い比べるのが楽しい

など、個々人の主観によるお求めになられているものが、
現状でSWISSVAXのそれと合わない場合には、
確かにSWISSVAXをすべて使いこなせるようにならなくともよいと思います。

人それぞれ、ですね。

■ワックスコーティングの耐久力を捨てたくないが、他の製品も使用したい場合

それは、SWISSVAXのデザインや哲学から逸脱した話となりますので、
公式見解はありません。
そのために、日本独自の補足情報として記載します。

さきほど暫定的に挙げたSWISSVAXのポイントがこちらです。

・無類の美しさ
・車を傷めない(場合によっては極力削らない等)
・効果がすごく高い
・長期耐久力
・材質の劣化を抑制するアンチエイジング
・失敗が無い(素人でもリカバリー可能)
 (必要であれば)いつでもすぐにリセット可能。
・最高の美しさ、車両全体を統一された美観でデザインするシステム体系
・上記を満たした上での最短のカーケア

これらの中で何かを犠牲にしてでもしたいことがあるなら、
他の製品を使用したくなるのもありえる話です。

塗装面以外の他のパーツのケアにおいても同じことですが、
どうしても使用したい場合には、
SWISSVAXのシステムとまったく関係のない独立した施工として
行う他ないのではないかと思います。

SWISSVAXの施工手順以前に他の製品でしたい事を行い、
用が済んだら、他にもう何も干渉させない事です。

以上です。

■今回の終わりに

いかがでしたでしょうか?
色々な組み合わせを試すのが楽しくてしておられる場合や、
追及する目的がSWISSVAXと違う場合もありますので、
独自のカーケア方法をなどを楽まれる事に関して全く否定しません。

一方でSWISSVAXの哲学、システムに共感いただけている方には、
今回のテーマ、「ワックスの耐久力」を最大限引き出すためにも
SWISSVAXの完成された手順に則ったご使用方法をおすすめします。

お客様からいただいた言葉を引用させていただきます。

「単品の性能云々と諸注意だけで、説明が終わる一般的な製品とはちょっと違うね。
 クリーナーから保護剤から各製品の影響や、車全体の最終仕上がりまで想定して
 製品開発しているブランドってSWISSVAXだけじゃないの?」

他で売られている製品については、細かな事までよく知りませんが、
現状知る限りでは、まさしくその通りかと思います。

だからこそ、パーツパーツ、理想のピースをそろえるように
SWISSVAXのシステムに夢中になっていただける方がいらっしゃいますし、
高額な製品でありながら、「長く」愛され続けている所以かと思います。

・一度にセット購入される豪胆な方、
・ゆっくり揃えて、SWISSVAXの完成形に行きつく過程をも楽しまれる方、
・SWISSVAXの正規施工代理店に施工を任せて、
 アフターメンテナンスに必要な最小限の製品から手元に置かれる方、
・「いつか」を胸に、《ロータススピード》から入門される方

SWISSVAX《ロータススピード》250ml
https://www.swissvax.jp/SHOP/SE1032710.html

いろんな方がいらっしゃいますので、
ご自身にあった歩幅で楽しんでみてください。

今回で「ワックスが通常の耐久力を発揮しない4つの原因」
シリーズは終了となりますが、

次回は、SWISSVAX《ワックスコーティング》のアフターメンテナンスのお話です。
今回のテーマでは、洗車にしか触れていませんでしたので、
楽なアフターメンテナンスや、2度目のワックスについてなどお話できればと思います。

特にアフタメンテナンスのキーとなるのが、実はこのアイテムです。

《クイックフィニッシュ》250ml
https://www.swissvax.jp/SHOP/SE1032910.html

この製品をよくご使用になられる方ほど、
SWISSVAX《ワックスコーティング》を使いこなしていらっしゃるのが
如実にわかってしまう製品です(笑)

次回の配信は、12月4日(土)を予定しております。

======================================
本通信および添付資料に記載されている見解は、必ずしも会社の見解を反映するものではありません。